読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

兼業社畜家ブログ

web広告業界で働く兼業家のブログ

新卒2年目で転職活動してみた結果w -WEB広告業界-

 

f:id:adtekun:20170321224929j:plain

2017年、1月、2月の2ヶ月間転職活動をしたので、振り返ってみました。

今後、同じような境遇の方が転職される際に参考にしていただけると嬉しく思います。

 

転職活動の際の状況

業界:WEB広告業、ベンチャー企業勤務

経験:2年弱(新卒2年目)

職種:コンサルティング営業

 

転職エージェント

DODA(インテリジェンス)他3社、知り合いの方からの紹介も多かったです。

 

転職理由としては、

1年で7年分の経験ができると言われるくらい忙しいこの業界で2年働いてだいたい学び切ったので、新しいことをしたいと思った。というのが30%くらい。笑

 

希望条件:東京勤務、年収:現状以上、経験を活かせる、副業OK、(それなりに有名)、(フレックスor裁量労働)、(残業少ない)、(外資

 

転職した先輩からは、”年収は+20%以上いかないと自分を安売りしていることになる”と言われていたので、その教えを守って始めました。

 

まず、適正年収診断というのをやったところ、460万円。。微妙

日本の現実を見た気がしました。

 

行きたい会社は基本的に知り合いの方の紹介で受け、エージェントからはそれ以外の条件に合った会社のみ受けるという形で進めました。

売り手市場ということもあり、書類で落ちることはあまりなかったので、楽勝だろうと思っていました。笑

 

まず、外資大手企業を中心に受けて行きましたが、あまりうまくいかず。。。

ただ、転職活動の場合、ポジションのマッチ度が低いことで内定につながらないことが多いので、あまり落ちることに対してマイナスイメージがなかったです。むしろいろんな会社のことがわかって面白いと思いました。

転職活動を始めて思ったことは、外資と日系の給料の差。外資を受けると”うち来たらもっと給料上がるよ”と言われるのに対し、日系を受けると”24歳にしては給料高いですね、給料下がっても良いですか?”と言われることもしばしば。。給料水準が高いと思っていたEC最大手の会社にも言われたのは衝撃でした。。

余談ですが、この会社は、給料普通でもこの会社に入りたい!っていう人が多いので、そういう人を取っているそうです。

うまくいかないのは、こちらにも原因があって、いざ受けてみると上の例のような形で、”だったらいいや。”ってなるんですよね。

 

しかし、WEB系の有効求人倍率は6倍と一番高い業界なので、きっといいとこあるでしょう!という気持ちに切り替えて、志望度が高い会社とエージェントに紹介された会社を中心に受けて行きました。が、第一志望の会社は通らず。。

そんな中、最初に内定をいただけたのは外資アドテク企業、オファーの内容もよく、ストックオプション付き!ただ日本上陸したばかりなので、知名度が低いのがマイナスポイント。仕事自体は、最先端でやりがいはありそうでした。

 

この時点で、会社には退職の意思を伝えました。もちろん、礼儀として”残って欲しい”とは言われますが、オファー内容を会社に伝えたところ、”その年収は今すぐには出せない”と言われたので、退職を決め、順調に退職の手続きが進みました。(それくらい出すから残ってくれ!と言われたかった。笑)

 

次に内定をいただいたのは、日系の大手老舗企業、待遇もそこそこでフレックス、副業OK。結婚したらこういう会社で働くのもありかもしれないですね。

そのあと、有名アプリ会社と大手ゲーム会社から内定をいただいた時点で転職活動を終了しました。

この中から、1社選ぶことになりました。

給料は、ゲーム会社>外資アドテク>日系老舗>有名アプリ

やりたいこと、有名アプリ>ゲーム会社>外資アドテク>日系老舗

総合的に判断して、ゲーム会社にしようと思い、各社に連絡したところ、年収上げるから考え直してくれないか。という話に。

外資アドテクと有名アプリの会社がオファー金額から70−100万円年収を上げてくれ、ゲーム会社と同じくらいになったので、有名アプリの会社にしようと思い、辞退の連絡をゲーム会社に連絡したところ、ゲーム会社もさらに上げてくれる。という話に。。

それ以外も初年度はおまけをつけてくれるというので、すごく高い評価を素直に嬉しく思い、ゲーム会社にしよう思いました。

ちょうどその頃、取引先や知り合いの方に退職連絡をしていました。すると、ありがたいことに”一緒に仕事しない?””この仕事やらない?”というお誘いをいくつか受けました。もともと副業をしていて、将来は会社を作りたいと公言していたので、それで連絡をいただけたようです。話を聞くと非常に面白そうな内容で、事業としても将来性を感じました。※前職とは競合しない仕事

 

ゲーム会社に行くか、この仕事を受けて独立するか。。

めっちゃ悩みました。

 

会社員の先輩に相談すると、”まだ若すぎるからもうちょっと経験積んだ方が良い。”と言われ、起業している先輩経営者の方々に聞くと、”若いんだからチャレンジしなよ。失敗してもなんとかなるよ。”と想像した通りの答えが返ってきました。

 

いろいろ考えた結果、初月から収益化が見込める点から独立してみることにしました。

 

転職の話なのに、結局転職しなくてすいません。。

 

転職活動は、最終的にエントリーのみも含めて20社前後受けて、内定4社という結果だったので、売り手市場の今”転職しやすい”というのは間違いないようです。実際に転職するかどうかは別として、試しに転職活動するのも良いかもしれません。

終わり

 

参考までに感じた相場観

・マーケ/アカウントマネージャー/プランナー職 経験2〜3年の場合

 日系:450-600

 外資:550-700

※上記に加えて交渉次第で+αの可能性もあると思います。

 

↓求人広告↓

非公開求人募集中:日系大手企業、年収600万〜

応募条件

マーケター職:WEB広告業界経験2年以上

TOEIC600以上

気になる方は、Twitterに連絡ください。