兼業社畜家ブログ

web広告業界で働く兼業家のブログ

Welqがなくなって困った私。

昨年後半、DeNAが運営するキュレーションメディアWelqが医療に関する間違った情報を複数配信していたことや、パクリ記事が横行していたというから発端した”キュレーションメディアの質”の問題。

この問題から、2017年のメディア事業は厳しいという見方も多いようです。

f:id:adtekun:20170104230507j:plain

出典 www.netratings.co.jp

記事の質について置いておくと、Welqはメディアとして前代未聞のペースで急成長していました。DeNAが大企業のパワーを使って大量のパクリ記事を書き、SEO対策を徹底することで急成長させた結果です。メディアマネタイズ事業としては成功しつつあったといって問題ないのではないでしょうか。

実際、DeNAの決算資料からも他のメディアを含むキュレーションメディア事業全体で”15億円/Q”の売上まで成長していました。

広告主から求められるメディアに成長したWelq

DeNAのキュレーション事業といえば、MERYやFindTravelが主軸ではあり、特にMERYは”広告主(広告を出稿する企業)からのタイアップ記事が絶えないメディア”としても知られています。

急拡大したWelqも例に漏れず、広告主から需要のあるメディアになりつつありました。サイトの属性から”悩み”を抱えるユーザーが多く、特定の広告案件の効果が非常に良いメディアでした。これが一夜にして非公開になったから自体は大変でした。それに続けてDeNA各メディアも非公開になってしまったので、更に大惨事。タイアップなどの広告の配信を予定した広告主やメディア側はこれまでの準備が台無しに。急遽、他のキュレーションメディアとのタイアップが決まったり、余った広告予算を消化するために大慌てだったと思います。

そもそもメディア事業というのは、課金形態にしない限り、広告に収益を依存するビジネスモデルですから、これまで広告主は、ある程度の企業が運営しているメディアなら安心して”サイトの質を気にせずに”広告を出稿していたのです。こんな惨事になると想定していなかった広告主も多かったのではないでしょうか?

そういった意味では、DeNAだけでなく、広告主側も加害者であり被害者であったのです。

そんなこんなでこれまでWelqに配信していた予算が一瞬にして消えたので、売上は急落。。困った。という訳です。

ユーザーも困惑

広告事業者だけでなく、これまで悩みを抱えて検索したユーザーがWelqを開いたが、記事が非公開になっているため、悩みを解決できないという問題も発生しているようです。

f:id:adtekun:20170104233817p:plain

出典:https://welq.jp/

 

Welqが非公開化された当時は、はやく復活して!と思いましたが、ここまで問題が大きくなってしまっては、Welqに広告を配信したい広告主は少ないと思うので、今は思わなくなりました。一方で、MERYやFindTravelは早く復活して欲しいと仕事的にも私事的にも思います。

週刊ニューズウィーク日本版「特集:独裁者とSNS 偽ニュースの世界」〈2016年12/27号〉 [雑誌]