読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

兼業社畜家ブログ

web広告業界で働く兼業家のブログ

LINEのお年玉スタンプ おすすめ活用術

f:id:adtekun:20170102224534p:plain

みなさん、新年の挨拶の連絡はどのように行っていますでしょうか?

年賀状、電話、メール、LINE様々な手段があると思いますが、近年はスマートフォンのユーザーが増えたことから、LINEで挨拶をする方も多いのではないでしょうか。

 

そんなLINE社が今年から始めたサービスで"1等100万円が当たる"と話題のLINEのお年玉キャンペーン。お年玉付きのLINEを送ったり、送られたりする"新鮮さ・面白さ"もあり、活用している方も多いのではないでしょうか?

 

近年、若人を中心に年賀状を書く人が減り、LINEなどで挨拶をする人が増えていると思いますが、年賀状にもお年玉があるようにLINEにもお年玉をつけるのは面白いなと感じた方も多いのではないでしょうか。

ユーザーとしても、年賀状の代わりということを考えると、LINEのスタンプを買っても良いかな~。と感じる方も多い気がします。(私自身はそうでした)

 

LINE側としては、ユーザーのアクティブ率強化・スタンプ市場の活性化・LINE payの推進という意味でも非常に有意義な試みであることは間違いないでしょう。

特にお年玉がLINE payでもらえるというのは、貰ったお年玉をLINEで使ってね!ということですから、ユーザー視点だとイケてないですが、LINE視点だとイケてるような気がします。

 

実際に何回も抽選してみて思うのは、だいたい10円は当たりましたが、たまに外れるのは悲しいですね。。

f:id:adtekun:20170102225740p:plain  f:id:adtekun:20170102225804j:plain

 

さすがに「あけましておめでとう!」のLINEで「はずれました」は辛いですね(笑)

 

普通の挨拶にプラスαというのは素敵な取り組みだと思いますし、大切にしたい方にはこういう形でアピールするのは有効な手段だと思います。

誕生日にコーヒーの無料券とかをFacebook経由でいただいたりしますが、ちょっとした気遣いをいただくと気持ちが良いですよね。

誕生日にLINEをプレゼントする方もいると思いますが、スタンプ以外にもちょっとしたギフトをライン経由でプレゼントするというのも流行りそうですので、今後そういうサービスの発表もあるかもしれません。(すでにあったら勉強不足ですいません)

 

これ以外にもLINEというサービス柄、いろんな事業に応用が効くので、今後のサービス展開にも注目したいですね。